1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2002年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

2002年に虫歯菌をおよそ3時間で検出することができるという方法の開発がされています。

これらは大学の教授たちによって研究された方法です。歯垢に付着しているDNA試料を用いて、チップのような形状の装置を使用して虫歯菌があるかどうかということや量がどのくらいあるのかなどということを調べることができます。

判定を完了させるために必要な時間はおよそ3時間であり、この開発が行われた2年以内のうちに1時間程度にまで時間を短縮することができるようになると考えられていました。同じような検査を実施するためには6日間ほどかかっていたので、虫歯があるかどうかを素早く調べることができるこの方法は画期的です。

今後需要が高まると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    自分では自覚しにくいために自分がどんな「口臭」をしているのか不安を感じている方も多いのではないでしょ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年~1959年にかけて、虫歯に苦しんでいる人がたくさんいました。それは子どもだけに限らず大人…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年、日本の医療史の中で最も激しい闘争が行われました。4月に「国民皆保険」が開始されることが決定し…
PAGE TOP