1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2003年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

2003年に起こった歯のニュースとしてあげられるのが、neossの台頭です。

この会社はインプラントを作る会社ですが、2000年に創設されました。それまでストローマンなどの限られた会社ばかりが有名でしたが、neossは3年という短い間に世界を席巻し2003年には誰もが知る一流メーカーとして知られる存在になったのです。

開発者にはインプラント治療で有名な研究者がそろい、その研究結果もすばらしいものでした。構造も良く考えられていて、骨が少ない患者さんなど難しい症例にも対応することができます。今では日本でもこのインプラントの取り扱いが開始され、多くの患者さんに使われるようになりました。

これからも期待できる会社です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年~1979年で歯を苦しめた甘い定番のお菓子といったらどら焼きです。これは世界でも認めら…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2017年にはアメリカでトランプ氏が大統領に就任したり、北朝鮮が6回目の核実験をするなど、世界的にも…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    高齢などの理由で歯が何本か欠損した場合は部分入れ歯やブリッジ、インプラントで補う治療法があります。…
PAGE TOP