1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2008年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

この年の4月に、在宅歯科診療が制度に位置付けられました。これにより、患者は自宅にいながら専門家による満足が行く治療が、受けられる様になったと言えます。

治療は早期治療が大切で、早期に対応することで、治療期間は短くなり患者の負担は軽くなります。ただ、寝たきりの患者もいて、治療したくてもできない人もいました。そういった人達の歯の健康を維持することの大切さが、過去に有識者により示唆されていました。

在宅歯科診療の制度化は、全体として考えて日本国民の歯の健康の寿命を延ばすことに寄与したと言えます。歯の健康が維持されることで、食事をする人と話すなどの通常の生活が維持されて、生活を豊かにすることに繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1996年は、第6回日本歯科道具研究会・研究発表大会及び第7回の総会が行われた年です。日本歯科道…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    芸能人や有名人は歯の美しい人が多いものですが、その中でもやはり役者として活躍をしている人は美しいもの…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    子供から大人まで歯の痛みに悩んでいる人は大勢います。そのような痛みの症状を緩和するためには、定番の手…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP