1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2008年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

この年の4月に、在宅歯科診療が制度に位置付けられました。これにより、患者は自宅にいながら専門家による満足が行く治療が、受けられる様になったと言えます。

治療は早期治療が大切で、早期に対応することで、治療期間は短くなり患者の負担は軽くなります。ただ、寝たきりの患者もいて、治療したくてもできない人もいました。そういった人達の歯の健康を維持することの大切さが、過去に有識者により示唆されていました。

在宅歯科診療の制度化は、全体として考えて日本国民の歯の健康の寿命を延ばすことに寄与したと言えます。歯の健康が維持されることで、食事をする人と話すなどの通常の生活が維持されて、生活を豊かにすることに繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    久保倉弘孝氏は、神奈川県の医療法人敬友会の小机歯科医院と都筑キッズデンタルクリニックの理事長です。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1969年は韓国の歯科医の美魔女が生まれた年です。そのほかに1969年は厚生労働省が、1985年…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2001年の8月に歯の健康クリニックは「夏休みの歯のお手入れ」という番組を放送しています。正しい…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP