1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2010年~2018年の歯に関する時代背景とは

2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。

2010年頃からライフスタイルや美意識の変化から、失った歯根を補うための治療法として審美性も求めてインプラントを導入する患者さんが急増しました。

その一方で大きなネックとなっていたのが保険外治療となるために費用が高額になってしまうところでしたが、技術革新や原材料の調達から製造、輸送までのコストダウンが徹底的に図られ、以前と比較してインプラント治療はより身近な存在となりつつあります。

2018年に入ると従来型の複数回クリニックに通う施術方法と一線を画し、インプラントを植立して48時間以内に治療が完了する即時荷重インプラントが登場しスピード感を求める時代へ突入しようとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    良い歯医者さんと聞くと、まず考えつくのが「施術の腕が優れている人」です。確かに、腕のいい歯医者さ…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    30歳以上の日本人の実に80パーセントがなっているという歯周病、歯の病気だけに食べ物によっては更に進…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年~1959年にかけて、虫歯に苦しんでいる人がたくさんいました。それは子どもだけに限らず大人…

関連リンク

  • 審美歯科 京都

    審美歯科を京都でお考えでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。あなたの美の想いに応える審美歯科をご提供いたします。

    www.kyouseishika-kyoto.jp/

PAGE TOP