1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2010年~2018年の歯に関する時代背景とは

2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。

2010年頃からライフスタイルや美意識の変化から、失った歯根を補うための治療法として審美性も求めてインプラントを導入する患者さんが急増しました。

その一方で大きなネックとなっていたのが保険外治療となるために費用が高額になってしまうところでしたが、技術革新や原材料の調達から製造、輸送までのコストダウンが徹底的に図られ、以前と比較してインプラント治療はより身近な存在となりつつあります。

2018年に入ると従来型の複数回クリニックに通う施術方法と一線を画し、インプラントを植立して48時間以内に治療が完了する即時荷重インプラントが登場しスピード感を求める時代へ突入しようとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1981年(昭和56)の6月に銘柄別収載方式による薬価基準の全面改定が行われました。銘柄別収載方…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1988年に起きた歯にまつわるニュースは、これと行った事件は思い浮かびませんが、リクルート事件が起き…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    口臭を気にしている人は多いですが、口臭の原因のひとつは歯周病です。歯周病菌が増殖すると血液や細胞…
SQLSTATE[HY000]: General error: 10 disk I/O error
PAGE TOP