1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2010年~2018年の歯痛の定番解決法

子供から大人まで歯の痛みに悩んでいる人は大勢います。そのような痛みの症状を緩和するためには、定番の手法があるのです。

2010年から2018年の期間で浸透しているのが、冷たい湿布やタオルを患部にしばらく当てておく方法です。冷やすことによって神経の感覚が麻痺していきますので、その間は痛みを和らげることにつながります。

また、知覚過敏症の場合には、ぬるま湯で口をゆすいで専用の歯磨き剤を用いて磨くと徐々に痛みは薄れていきます。どうしても我慢ができないほどの虫歯や神経の激痛が起こったら、すぐに歯科医の診断を受けた方が安心です。

普段からしっかりと歯の裏部分まで丁寧にブラッシングを行うことによって、健康的な口腔を保てます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年~1999年で虫歯の定番解決法といえば、すぐに削って詰めもので塞いでしまうという方法でした…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年生まれの芸能人や有名人となると現在68歳から69歳となり、決して若いとは言えない年齢です。…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1977年は日本の人口が増え続けていた時代なので子供の数も多く、歯科医で治療を受ける人の数も増加して…