1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2010年~2018年で虫歯の定番解決法といえば

平成の終盤から今日に至るまでの道程においては、虫歯治療に大きな変化が見られるようになっています。

これまではドリルで患部を切削してそのあとをセメントで埋めてクラウンをかぶせるといった治療法が一般的でした。

歴史も実績もある確立された治療スタイルと言えますが、やはり痛みに焦点をあてるとかなり改善されたrとは言え、今でも恐怖を覚える方は珍しくなく、定期的なデンタルケアを難しくする一因にもなっているのは確かです。そのため2010年から2018年にかけては無痛治療などの患者さんへの負担をさらに軽減された治療法を導入するクリニックが増加するようになっています。

痛みを我慢する時代から、痛さを感じない時代への変遷はすでに開始しているといっても間違いないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代に入ると歯科医療でも、マイクロスコープを使用した治療の導入を始めました。マイクロスコ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年、日本の医療史の中で最も激しい闘争が行われました。4月に「国民皆保険」が開始されることが決定し…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1989年というのは激動の可能性を秘めた年でありました。1989年に、旧文部省(現文部科学省)が…
PAGE TOP