1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2010年~2018年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子

2010年~2018年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子と言えば、昔からある小さい子供たちに人気のミルキーでしょう。

特に多いのがミルキーを舐めたら詰め物が一緒に取れてしまったということです。そのような体験をしたことのある人は数多くいると推測できます。特に子供だけでなく大人の方が多いのが特徴だと言えるでしょう。

同じような理由から、キャラメルも昔から同じように虫歯になりやすいと言われています。歯の間に詰まってしまって、そのままの状態が長く続くようなお菓子が、よく虫歯になりやすいから食べてはダメだと言われた記憶があります。

七五三のお祝でもらう千歳飴もそうです。七五三のお祝の定番とも言える飴ですが、歯には悪そうなお菓子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    現在では優れた鎮痛剤がドラッグストアでも販売されているので、歯痛に襲われても一時しのぎのために薬を服…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1969年は韓国の歯科医の美魔女が生まれた年です。そのほかに1969年は厚生労働省が、1985年…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    舌が白くなることは舌苔と呼ばれていて、放置すると口臭の原因になることもあります。舌苔の原因は、舌表…