1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2011年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

2011年に起きた歯のニュースの中で、特に注目を集めたのがインプラントに関するトラブルです。

この治療は、歯茎の骨に穴を開けて金属製の土台を埋め込み、人口の歯を取り付けるという内容です。食べ物をしっかりと噛めるようになることから夢の治療法として大変な評判を集めていたのですが、その中でトラブルが相次いだために大きく報道されることになってしまったのです。

ちなみに、当時の国内におけるインプラント治療はかなり未成熟で、製造メーカーが開催した講習会に一度参加しただけで施術を行うというドクターもいるという状況でした。

このために、インプラントが骨に固定されずに奥の空間に落ちて神経を痛めるというようなケースが頻発することになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1962年の7月に「日歯ニュース」を「日歯広報」という名前に改称をしたというニュースがあります。…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    舌が白くなることは舌苔と呼ばれていて、放置すると口臭の原因になることもあります。舌苔の原因は、舌表…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1957年は、厚生省によって初めて歯科疾患の実態調査が行なわれた年です。日本国内でどのような歯科…