1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2012年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

2012年に起こった大きな歯のニュースといえば名古屋大学の歯周組織再生です。

名古屋大学は幹細胞を移植せずに再生因子が含まれる培養液を使って歯周組織の再生に成功します。この研究はアメリカの雑誌にも掲載されています。歯周病の研究は世界各国で行われていますが、幹細胞の移植なしで組織が再生すれば治療の安全性が大きく向上するので注目を集めています。

細胞移植には治療コストや安全性など様々な問題があります。再生医療の実用化が進むことで、新しい治療薬の完成も期待されています。日本は歯周病で悩む人が男女を問わず多いです。口腔内に問題があり食事ができないと健康や美容にも影響を与えます。

高齢者でも食事のときによく噛んで食べることができれば、栄養をしっかりと摂取することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    今では飲み物の自動販売機には、ペットボトルのお茶が数多く並んでいますが、1970年代には数多くの缶ジ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2001年の8月に歯の健康クリニックは「夏休みの歯のお手入れ」という番組を放送しています。正しい…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    平成の終盤から今日に至るまでの道程においては、虫歯治療に大きな変化が見られるようになっています。…

関連リンク

  • 国際結婚

    国際結婚をお考えでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。ロシアなどの外国人女性と縁もゆかりも無くて、大丈夫です。あなたの夢を応援します。

    ji-marriage-a.or.jp/

PAGE TOP