1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2013年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

高齢などの理由で歯が何本か欠損した場合は部分入れ歯やブリッジ、インプラントで補う治療法があります。

特にインプラントは自分の歯と同じように噛めて、食事への興味が失われないことから治療の中でも群を抜いて人気のある治療法です。

しかし2013年7月に開催された臨床歯科を語る会では、インプラントだけでは限界があることが議論され、医療業界以外の人間にとっても大きなニュースとなりました。結論としては1本や2本をインプラントにするだけではなく、数本以上のインプラントで顎の虚弱化を防止し、必要によっては親知らずをあえて抜かずに一番奥の奥歯の代理とするなどの案がディスカッションされました。

インプラントに加えて無痛治療についても話題にあがり、今後の新しい治療法に期待がもてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    平成の終盤から今日に至るまでの道程においては、虫歯治療に大きな変化が見られるようになっています。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代に医療界に起きた大きな出来事として、保険診療の対象となる治療が大幅に広がったことがありま…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1988年に起きた歯にまつわるニュースは、これと行った事件は思い浮かびませんが、リクルート事件が起き…

関連リンク

  • 非常用発電設備 負荷運転

    非常用発電設備の負荷運転ならTECです。何かがあったときに、備え始めても遅いんです。人間の欲求として安全・安定感は不可欠。今から備えてみませんか?ぜひ一度当サイトまでお越しください。

    tec-jp.com/

PAGE TOP