1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2014年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

2014年は世界ではエボラ出血熱でWHOが緊急事態を宣言したり、韓国で旅客船のセウォル号が沈没するなどのニュースがありました。

日本では、御嶽山が噴火して多くの犠牲者が出たり、国民生活にも大きな影響が出た消費税8%がスタートをしました。

そんな中で起こった歯のニュースは、世界初のインターネット接続型歯ブラシが開発されました。色々なものがインターネットと接続されて使えるようになっていますが歯ブラシも例外ではありません。この歯ブラシには、センサーが内蔵されており、磨いたときにどれだけ歯石がとれたかを検知してくれます。

ブラッシングの動きを記録するために、使用する人が毎回同じブラッシングを維持することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    今から50年前の1960年代の虫歯治療は、エアタービンという機器が普及したことにより、それ以前とは異…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年生まれで歯の美しい芸能人といえば、相田翔子さんを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年代は歯磨き粉に大きな革命が起こった年代だと言えます。1970年(昭和45年)4月に発売…