1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2015年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

2015年には、歯科医師に施された治療によって記憶を失くしてしまった男性がいる、そういったことが明らかになりました。

それはイギリスでの出来事で、記憶喪失になった男性は90分以上の記憶を保つことができなくなった、とのことです。まるで『メメント』や『博士の愛した数式』等、フィクションでの出来事のようです。

また「東京デンタルショー2015」という歯に関する大きなイベントがビッグサイトで開催されていました。そこでは抜歯改革等、さまざまな現代での進歩が展示されていました。

他にもイギリスの研究によって、歯の状態を悪くするということが心身にも大きな悪影響を及ぼす、ということが明らかになりました。貧困層での歯の喪失が注目されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    歯に悪いドリンクは基本的に酸性のもので、歯を溶かしてしまう化学反応を引き起こします。一般的な食事…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年の日本は少子高齢化が懸念されていたもののまだ経済や社会に余力がありました。多くの人々が歯科…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    口臭の原因として考えられるのは、歯に付着した食べカスが長期間そのままの状態になっていると発酵すること…
PAGE TOP