1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2016年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

2016年に起こった歯に関する大きなニュースのひとつが虫歯菌が脳出血に関与していることを大阪大と京都府立医大のチームが突き止めたことです。

このニュースは英科学誌の電子版に発表され世界中をかけめぐります。脳出血に関与しているのは特殊な虫歯菌で、日常のブラッシングで病原性の高い細菌を減らすことができれば脳出血の予防策となる可能性があります。

血液の中にある血小板には出血を止める働きがありますが、コラーゲンと結合して血小板の止血作用を妨げる菌が存在します。脳出血患者の唾液に含まれている菌を調べたところ、コラーゲンと結合する能力が高い菌を持っている患者ほど脳内に出欠部位が多いことがわかります。

脳出血は脳卒中の一種ですが、日本は脳卒中の患者が多いことからこのニュースへの関心は高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯で痛みを感じる時、治療をするべきですが夜中で歯科医院がやっていなかったり、用事があって忙しいとき…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年の4月に、在宅歯科診療が制度に位置付けられました。これにより、患者は自宅にいながら専門家による…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年に歯の健康のために人気のあったデンタルグッズは歯間ブラシになります。今ま…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP