歯のコラムやニュースを掲載中!

口臭の原因は銀歯かも。銀歯の洗浄方法

プラークと呼ばれている口の中の細菌の塊が、口臭の原因であると考えられています。

口の中の細菌が原因で、独特な不快感のある匂いを出すのです。丁寧にブラッシングをすればプラークは落ちるのですが、歯の間についてはなかなか汚れを除去することが難しいと言われています。

もとより食べ物が挟まりやすいですので、少しばかりブラッシングをしただけでは、きれいに汚れを取り除くことができないからなのです。歯の隙間は汚れが残存しやすい傾向がありますので、口臭や虫歯が出てくるのが多い部位であると言えましょう。また銀歯も口臭の原因となることの多い場所です。

マウスウオッシュで徹底的に洗うことで、匂いの原因となるものを徹底的に取り除くことが大切となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯になってクリニックで治療を受ける場合、症状によって治療法も料金も変わります。軽い症状であれば…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年、日本の医療史の中で最も激しい闘争が行われました。4月に「国民皆保険」が開始されることが決定し…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2002年に虫歯菌をおよそ3時間で検出することができるという方法の開発がされています。これらは大…
PAGE TOP