1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1950年~1959年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子

1950年から1959年までは日本は目覚ましい経済成長を遂げた時代であり、それと共に海外からのお菓子も色々輸入が始まりました。

それでも一般市民には昔ながらのお菓子が愛されていて、その中でもポン菓子と呼ばれるものは甘くて香ばしいので子供であれば誰でも好んで食べていました。

お米を特殊な機械に入れて膨らませたら、そこに砂糖を溶かした液体をまぶします。そのため食べるときには、手も口もべたべたの状態になりますが、甘くて美味しいので食べることをやめるのが難しいお菓子でした。砂糖がたっぷり含まれた定番のお菓子だったこともあり、子供にとっては虫歯の原因になるようなものでした。

いつも食べ終わったら歯を磨きなさいと両親に言われた思い出を持っている人も多いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    かつての虫歯治療だったことで定番ともいえるのが「アマルガム」、平たく言えば銀歯のことです。197…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1981年(昭和56)の6月に銘柄別収載方式による薬価基準の全面改定が行われました。銘柄別収載方…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    歯に悪いドリンクとして1960年~1969年に考えられていたドリンクはpH5.5以下のものです。…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP