1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年に活躍した歯科界の人

近年では、健康的で美しい口元になりたいと願って歯科クリニックに定期的に通っている患者が急増しています。

その業界に関心を持つ人歯科医師も多く、1960から1969年の時期には、医師を大幅に増やすために全国の歯学部の増設と増員が行われました。人口10万人に対する歯科医師を50人にするという目標を掲げることによって、優秀な人材を数多く輩出することになったのです。特に、この時期には歯周病に関する研究が進んでいたため、口腔内を傷めることなく安全に治療ができると浸透していきました。

実際にクリニックで治療を受ける人々の口コミによる評判は非常に高く、親身になって事前のカウンセリングにも力を入れている点が信頼できると選ばれていたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    プラークと呼ばれている口の中の細菌の塊が、口臭の原因であると考えられています。口の中の細菌が原因…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1967年に歯の解剖学という本が金原出版から出ています。1967年という年は、日本専売公社が葉巻たば…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1974年は、歯科用医療関連製品の開発・販売を行う日本の老舗メーカー「浅野歯科商店」が法人として創立…
PAGE TOP