1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

2000年~2009年で虫歯の定番解決法といえば

虫歯はミュータント菌などの雑菌による感染症というのが病気の実態です。

子供の時期に親との接触の中で親子間で感染が受け継がれていくことが虫歯に悩む子供が多い理由であって、その後の長い生涯にわたって虫歯に悩まされるという負の連鎖が連綿と続いてきました。

しかしここ20年ほどの間に虫歯についての啓蒙が盛んに行われたことで、不用意に親子間で口移しで食べ物を与えるなどの習慣は次第に見られなくなっています。こういった一連の取り組みが効をそうすることになる虫歯に悩む子供の数は減少しています。

感染症であれば下手に感染するきっかけを厳に控える生活習慣の礎が形作られたのが2000年から2009年にかけての平成中盤のだったと評価することが出来るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年にかけての口臭対策の定番というのはかなり多くあります。なぜならばこの時期…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1956年はアメリカでノンクラスプデンチャーが発明された年です。ノンクラスプデンチャーとは金属の…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP