歯のコラムやニュースを掲載中!

歯が染みるときどうすれば?

歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。

こうした症状が続くのはつらいものもありますが、改善のためには早めに対策をしておきたいところです。まず、歯が染みる原因が虫歯である場合はそれを治さないことには改善しません。虫歯の自覚がある場合はできるだけ早く治療を済ませておきましょう。

そして、虫歯がないという場合は知覚過敏になっている可能性があります。力を強く入れてブラッシングすることも良くありませんので、柔らかめのブラシで優しく磨いていきましょう。それから、ハミガキ剤も近く過敏症のものに変えてみるということもおすすめです。

薬を塗布することも改善に役立つ場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年、日本の医療史の中で最も激しい闘争が行われました。4月に「国民皆保険」が開始されることが決定し…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    当時の虫歯解決法と云えば、何といっても抜歯でした。あの頃はまだ被せさえ贅沢なものとされていましたから…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年の日本は少子高齢化が懸念されていたもののまだ経済や社会に余力がありました。多くの人々が歯科…
PAGE TOP