歯のコラムやニュースを掲載中!

歯が染みるときどうすれば?

歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。

こうした症状が続くのはつらいものもありますが、改善のためには早めに対策をしておきたいところです。まず、歯が染みる原因が虫歯である場合はそれを治さないことには改善しません。虫歯の自覚がある場合はできるだけ早く治療を済ませておきましょう。

そして、虫歯がないという場合は知覚過敏になっている可能性があります。力を強く入れてブラッシングすることも良くありませんので、柔らかめのブラシで優しく磨いていきましょう。それから、ハミガキ剤も近く過敏症のものに変えてみるということもおすすめです。

薬を塗布することも改善に役立つ場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代と言えば、日本は高度経済成長時代を迎え、著しい経済成長を邁進していた時代でもあります。…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯や知覚過敏で歯医者に通う方も多いようですが、実は家庭にあるものを使って歯医者さんに通う回数を減ら…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2017年にはアメリカでトランプ氏が大統領に就任したり、北朝鮮が6回目の核実験をするなど、世界的にも…
PAGE TOP