歯のコラムやニュースを掲載中!

歯が染みるときどうすれば?

歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。

こうした症状が続くのはつらいものもありますが、改善のためには早めに対策をしておきたいところです。まず、歯が染みる原因が虫歯である場合はそれを治さないことには改善しません。虫歯の自覚がある場合はできるだけ早く治療を済ませておきましょう。

そして、虫歯がないという場合は知覚過敏になっている可能性があります。力を強く入れてブラッシングすることも良くありませんので、柔らかめのブラシで優しく磨いていきましょう。それから、ハミガキ剤も近く過敏症のものに変えてみるということもおすすめです。

薬を塗布することも改善に役立つ場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1969年は韓国の歯科医の美魔女が生まれた年です。そのほかに1969年は厚生労働省が、1985年…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    時代によって歯に対するケアの方法も変わってきました。特に最近では医療の技術が進歩してきた事で治療方法…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2016年に起こった歯に関する大きなニュースのひとつが虫歯菌が脳出血に関与していることを大阪大と京都…