1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子

1960年~1969年で歯を苦しめた美味しい甘い定番お菓子と言えば、駄菓子屋で売られていた駄菓子でしょう。

近所に必ず1つはあった駄菓子屋で売られていた様々なお菓子は、虫歯の原因にもなりました。きな粉棒や麩菓子、ココアシガレットやチロルチョコレートなど様々な甘いお菓子が売られていました。

それまで販売されたことのないような甘いお菓子が出始めた時代でもあります。少ないお小遣いでも買えるので、駄菓子屋は子供たちに人気の場所でした。駄菓子屋でお菓子を買って、近所の空き地で食べてからみんなで遊ぶというのが定番だったので歯にも悪いです。

現代のように歯ブラシなどのグッズもそんなに種類がなく、虫歯予防などの知識にも人々の関心があまりなかった時代背景も影響しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1952年に朝鮮戦争中でしたが、金日成主席は人民の無病長寿のためということで無償治療制度をするという…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    歯に悪いドリンクとして1960年~1969年に考えられていたドリンクはpH5.5以下のものです。…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1987年はバブル前夜といった状況であり、日本人の歯に対する意識にも変化がもたらされた時期でもありま…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP