1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンク

歯に悪いドリンクとして1960年~1969年に考えられていたドリンクはpH5.5以下のものです。

歯はpH5.5以下のものに接触することで溶けてしまうという性質があります。7が中性であると定められているので、酸性に傾くことで歯が溶けてしまうと言えます。

口の中は基本的に唾液の働きによって中性に維持されています。しかし酸性が強いドリンクや食べ物などを口の中にいれることでその働きが弱まってしまいます。唾液の量が通常よりも少なくなってしまった場合も同様です。歯の表面の部分はエナメル質でできており、内側の部分は象牙質と呼ばれるものから構成されています。

エナメル質は骨よりも硬いと言われているものですが、酸性になることで溶けてしまう恐れがあるので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    子供から大人まで歯の痛みに悩んでいる人は大勢います。そのような痛みの症状を緩和するためには、定番の手…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年に活躍した芸能人や有名人は数えきれないほど存在していますが、歯が美しいという条件が付くと限…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    現在では多種多様なデンタルグッズが販売されており、電動歯ブラシやマウスウォッシュ・フロスなどどなたで…

関連リンク

  • 熊本 土木

    熊本で土木工事をお考えでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。民間から公共まで幅広く着工しております。安心と信頼の東生企業です。

    www.touseikigyou.com/

PAGE TOP