1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1960年代と言えば、日本は高度経済成長時代を迎え、著しい経済成長を邁進していた時代でもあります。

戦争が終わり、経済的な豊かさを享受し始めた時期でもあり、歯に対して意識の低かった日本人も歯の健康に意識が向き始めた頃でもありました。小学校では歯科検診が始まり、子供の歯の健康に意識が向くようになるほど日本は豊かな時代を迎えることとなりました。

また、日米関係にも変化が見られた時代でもありました。現在の安倍首相の祖父に当たる岸信介首相が新安保条約に調印し、日本とアメリカは新たな時代を迎えることとなります。

これに対して全学連が反対の立場を取り、岸首相が出発する羽田空港で警官と衝突を繰り広げることになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1977年は日本の人口が増え続けていた時代なので子供の数も多く、歯科医で治療を受ける人の数も増加して…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1963年は、日本国産連続テレビアニメの第一号の鉄腕アトムが放送開始された年です。歯医者をされて…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年の4月に、在宅歯科診療が制度に位置付けられました。これにより、患者は自宅にいながら専門家による…
PAGE TOP