1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1960年代と言えば、日本は高度経済成長時代を迎え、著しい経済成長を邁進していた時代でもあります。

戦争が終わり、経済的な豊かさを享受し始めた時期でもあり、歯に対して意識の低かった日本人も歯の健康に意識が向き始めた頃でもありました。小学校では歯科検診が始まり、子供の歯の健康に意識が向くようになるほど日本は豊かな時代を迎えることとなりました。

また、日米関係にも変化が見られた時代でもありました。現在の安倍首相の祖父に当たる岸信介首相が新安保条約に調印し、日本とアメリカは新たな時代を迎えることとなります。

これに対して全学連が反対の立場を取り、岸首相が出発する羽田空港で警官と衝突を繰り広げることになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1991年に起きた歯のニュースの中で最も有名なのは、アメリカで起きた「キンバリー事件」です。これ…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯で痛みを感じる時、治療をするべきですが夜中で歯科医院がやっていなかったり、用事があって忙しいとき…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年~2009年に活躍した人としては、沼部幸博さんが挙げられます。歯医者である沼部幸博さん…
PAGE TOP