1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1981年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1981年(昭和56)の6月に銘柄別収載方式による薬価基準の全面改定が行われました。

銘柄別収載方式は医薬品の個々の商品名ごとに収載するという方式になります。そして、この方式で収載されている医薬品は原則、同じ一般名の同一組成、同一規格をもっている医薬品でも、それぞれの商品名である銘柄ごとに異なる薬価が定められているのです。

この歳のこの改定によって、薬価ベースで大きな引き下げが行われ、歯医者の診療などでもこうした改定の影響があったということなのです。この改定では薬価ベースで約19%、医療費ベースだと約6%の引き下げになり、このことは過去最高の引き下げ率となったと伝えられています。

そしてこの改定によって、収載品目数が約6900品目から約14,000品目へ大幅に増えたと伝えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2017年にはアメリカでトランプ氏が大統領に就任したり、北朝鮮が6回目の核実験をするなど、世界的にも…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2007年には東京都内の歯科診療所でインプラント治療を受けていた70歳の女性が手術中に動脈損傷がもと…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    良い歯医者さんと聞くと、まず考えつくのが「施術の腕が優れている人」です。確かに、腕のいい歯医者さ…