1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1990年~1999年の歯に関する時代背景とは

1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになったことでしょう。

この時代は、12歳児の虫歯本数が平均4本と、まだまだ虫歯になる人が多かった時代でもあります。そんな状況を改善するため、科学的に唯一虫歯に対しての効果が証明されているフッ素を利用し、治療ではなく予防をしていこうという流れになった分岐点になった年代であるとも言えます。

さらにこのころは、保険対象の診療が広がり、従来の保険診療だけでは経営が成り立たなくなってしまうという、医療業界全体においても大きな出来事が起きた時期でもあります。

このころを境に、各医院が予防治療や審美治療などの分野で特色を持たせ、他との差別化を図らなければ生き残れなくなる時代に突入していきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年にかけての口臭対策の定番というのはかなり多くあります。なぜならばこの時期…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1971年に日本では、フッ化物に対する基本的見解が発表されています。国民病となったう蝕に対する対…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    口臭の原因として考えられるのは、歯に付着した食べカスが長期間そのままの状態になっていると発酵すること…
SQLSTATE[HY000]: General error: 10 disk I/O error
PAGE TOP