1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1990年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1990年代に入ると歯科医療でも、マイクロスコープを使用した治療の導入を始めました。

マイクロスコープを使用する事によって裸眼では確認できなかった正確な治療をする事ができるようになりました。

マイクロスコープは、最初耳鼻科や眼科で使用されていて、1950年代には脳神経外科、その後、産婦人科や心臓外科でも使用されるようになりました。歯医者でも1990年代に入って使用されるようになったと言っても、普及率からいうと2から3%程度だと言われています。

歯科で普及していかなかった理由としては、機器が高価である事と、それを使いこなすことができる知識と技術を身に付けている医師が少なかったという事が挙げられようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年~1979年代にも口臭を気にする人はたくさんいて、様々な方法で解決をしていました。歯磨…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    子供だけでなく大人でも歯磨きをしっかりしないと虫歯になるのはいつの時代でもあります。現在ではレー…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    口臭を気にしている人は多いですが、口臭の原因のひとつは歯周病です。歯周病菌が増殖すると血液や細胞…
PAGE TOP