1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1999年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

歯はいつまでも大切にしたいと誰もが考えますが、時代によってその考え方も変わって来ました。

昔はあまり虫歯というものも少なかったですが食生活が変わって増えて来ました。歯を大切にするという事から虫歯になったら治療をするという考え方から、予防するように日頃からキレイにしておく事と、定期的にみてもらうようにもなりました。

この時代に話題となったのは歯周病です、菌によって弱くなって全て失ってしまい兼ねないという事でも話題となったのです。それから20年近くたって治療方法も大きく変わり最近ではインプラントといって全て顎の骨に金属で取り付けてしまうという方法まで出て来たのです。

これだけ革新的な変化があったのも特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯や知覚過敏で歯医者に通う方も多いようですが、実は家庭にあるものを使って歯医者さんに通う回数を減ら…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1989年というのは激動の可能性を秘めた年でありました。1989年に、旧文部省(現文部科学省)が…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年の4月に、在宅歯科診療が制度に位置付けられました。これにより、患者は自宅にいながら専門家による…
PAGE TOP