1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1999年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

歯はいつまでも大切にしたいと誰もが考えますが、時代によってその考え方も変わって来ました。

昔はあまり虫歯というものも少なかったですが食生活が変わって増えて来ました。歯を大切にするという事から虫歯になったら治療をするという考え方から、予防するように日頃からキレイにしておく事と、定期的にみてもらうようにもなりました。

この時代に話題となったのは歯周病です、菌によって弱くなって全て失ってしまい兼ねないという事でも話題となったのです。それから20年近くたって治療方法も大きく変わり最近ではインプラントといって全て顎の骨に金属で取り付けてしまうという方法まで出て来たのです。

これだけ革新的な変化があったのも特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年~1999年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンクといえば、真っ先に思い浮かぶのが炭酸飲料でし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1968年は日本経済が非常に好調で人口も右肩上がりに増加していました。そのため歯科医を必要とする患者…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1955年には、口腔衛生強調運動というのが行われていて、歯と口の健康が守られていました。その他にも1…
PAGE TOP