1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年に人気があったデンタルグッズ

時代によって歯に対するケアの方法も変わってきました。特に最近では医療の技術が進歩してきた事で治療方法も様々あり、状況や人に応じて治療の方法も変わります。

しかし昔はそのような治療技術も十分ではなかった事もありますので、自宅でいかにケアをしておく事が大切な事なのでした。歯茎を引き締めるためには塩が良いということもあり、塩を塗ってうがいをするという方法もありました。1960年くらいからは歯ブラシが登場し、ブラシでキレイに磨くようになりました。

その影響もあって虫歯もあまり増えることもなく、キレイでいられるようになってきたのです。このように時代とともに歯のケアに使用するデンタルグッズも変わってきたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1974年は、歯科用医療関連製品の開発・販売を行う日本の老舗メーカー「浅野歯科商店」が法人として創立…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1996年は、第6回日本歯科道具研究会・研究発表大会及び第7回の総会が行われた年です。日本歯科道…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯磨きをしても口臭を気になって、息清涼カプセルやミントタブレットなどを食べることもあると思います。…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP