1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年の口臭の定番解決法といえば

この時代の口臭の定番の解決法といえば「ガムを噛むこと」です。

ガムを噛むことでリラックス効果も期待ができる上に、噛む回数が増えることによって口の中で唾液の分泌も促進していきます。口臭の原因の一つに口の中の乾燥があるのですが、これを防ぐこともできます。

毎日の歯磨きのケアはもちろんですが、人と会うときや自分の口臭が気になるときには手軽な方法で解決することができるので、平成の時代でも試して見る価値はあります。最近の方がこの時代のモノよりもさらに進化を遂げています。噛むだけで歯周病や虫歯を予防することもできるのです。

機能性の高いガムも販売されているので、お店で見つけた時には試して見るのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    この年、日本の医療史の中で最も激しい闘争が行われました。4月に「国民皆保険」が開始されることが決定し…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代に医療界に起きた大きな出来事として、保険診療の対象となる治療が大幅に広がったことがありま…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯になってクリニックで治療を受ける場合、症状によって治療法も料金も変わります。軽い症状であれば…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP