1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年の歯痛の定番解決法

虫歯などで歯に痛みを感じるときに定番の解決法として用いられていたのが、「鎮痛剤」の使用です。

この時代は「歯痛」専用の鎮痛剤は存在していなかったので、関節痛やそのほかの病に用いられる鎮痛剤で代用していました。服用することで一時的ではあるものの、しばらくの間は痛みを和らげることができます。

また、少し変わった方法として「正露丸」という黒い錠剤を歯に詰めるという方法もありました。これは、根本的な解決法にはつながらないものの、口コミで広がり実践していた人が多くいたのも事実です。

痛みを感じて、症状が悪化していくと顔や頭などにも痛みが広がっていきますので、できるだけ早い段階で歯科医院を受診することがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年から1999年当たりに人気があったデンタルグッズは、歯磨き粉のアクアフレッシュです。青…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1969年は韓国の歯科医の美魔女が生まれた年です。そのほかに1969年は厚生労働省が、1985年…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP