1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1981年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1981年(昭和56)の6月に銘柄別収載方式による薬価基準の全面改定が行われました。

銘柄別収載方式は医薬品の個々の商品名ごとに収載するという方式になります。そして、この方式で収載されている医薬品は原則、同じ一般名の同一組成、同一規格をもっている医薬品でも、それぞれの商品名である銘柄ごとに異なる薬価が定められているのです。

この歳のこの改定によって、薬価ベースで大きな引き下げが行われ、歯医者の診療などでもこうした改定の影響があったということなのです。この改定では薬価ベースで約19%、医療費ベースだと約6%の引き下げになり、このことは過去最高の引き下げ率となったと伝えられています。

そしてこの改定によって、収載品目数が約6900品目から約14,000品目へ大幅に増えたと伝えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1962年の7月に「日歯ニュース」を「日歯広報」という名前に改称をしたというニュースがあります。…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    災害の遺体確認等の際に歯の特徴や治療の跡を照合することは最近知られてきたことですが、広島大学と神奈川…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2015年には、歯科医師に施された治療によって記憶を失くしてしまった男性がいる、そういったことが明ら…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP