1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1983年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1983年には八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故の一審判決が確定した年になります。

この事件は東京都八王子市にある歯科医院で発生しました。院長である医師が治療に当たっていたのですがその時にフッ化ナトリウムを歯に塗布したところ治療を受けていた女児が苦しみだしたので病院に搬送されましたがその後急性の薬物中毒で死亡しました。

瓶のラベルにはフッ化ナトリウムと表示がしてあったのですが、その後の調べで医師の妻がフッ化ナトリウムを注文する際にフッ素と注文してしまい、これを材料業者はフッ化水素酸のことだと思い歯科医院に配達したのです。

フッ化ナトリウムとは異なる瓶だったのですが歯科医師は別のメーカーの同製品であると思い込みフッ化ナトリウムとラベルを貼ってしまっていたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…

最近の記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    口臭を防ぐためには歯間ブラシを使うことがとても大事になります。食べたものが歯の間に詰まって、それ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    30歳以上の日本人の実に80パーセントがなっているという歯周病、歯の病気だけに食べ物によっては更に進…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP