1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1984年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1983年の日本歯科医学会学術研究費の助成を得た日本小児歯科学会は、日本における小児の萌出時期に関する調査を1984年1月から同8月の間に行いました。

調査の対象年齢は0~18歳で、日本人46,698人(男子23,610人、女子23,088人)に対して全国的な規模で実施されました。

それにより、乳歯萌出時期の数値や順序、下顎乳中切歯に関しては男子の方が早く萌出しそれ以外は両者間に性差は認められないこと、永久歯萌出時期の数値やその順序、一般的に女子の方が萌出が早いという傾向があることなどが判明したのです。

この調査の結果をもとにSchour,Masslerの原図を改変し日本人小児の萌出図表を作製しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1978年の歯に関するニュースの中で最もepoch-makingだったのは、国内の大手化学メーカーか…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    口臭の原因として考えられるのは、歯に付着した食べカスが長期間そのままの状態になっていると発酵すること…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1980年代の歯科治療には、虫歯治療の際にアマルガムと言う金属がよく使われていました。歯科修…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP