1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1990年~1999年の歯に関する時代背景とは

1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになったことでしょう。

この時代は、12歳児の虫歯本数が平均4本と、まだまだ虫歯になる人が多かった時代でもあります。そんな状況を改善するため、科学的に唯一虫歯に対しての効果が証明されているフッ素を利用し、治療ではなく予防をしていこうという流れになった分岐点になった年代であるとも言えます。

さらにこのころは、保険対象の診療が広がり、従来の保険診療だけでは経営が成り立たなくなってしまうという、医療業界全体においても大きな出来事が起きた時期でもあります。

このころを境に、各医院が予防治療や審美治療などの分野で特色を持たせ、他との差別化を図らなければ生き残れなくなる時代に突入していきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1983年には八王子市歯科医師フッ化水素酸誤塗布事故の一審判決が確定した年になります。この事件は…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年に人気があったデンタルグッズのひとつが電動歯ブラシです。家電量販店では美…

関連リンク

  • インビザライン 大阪

    インビザラインを大阪でするならぜひ一度大阪H2B歯科・矯正歯科までお越しください。インビザラインは透明なマウスピースを着用するだけで歯列矯正が完了する簡単な矯正施術です。興味のある方はぜひ一度当サイトまでお越しください。

    www.kyouseishika-osaka.jp/

PAGE TOP