1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年の歯痛の定番解決法

虫歯などで歯に痛みを感じるときに定番の解決法として用いられていたのが、「鎮痛剤」の使用です。

この時代は「歯痛」専用の鎮痛剤は存在していなかったので、関節痛やそのほかの病に用いられる鎮痛剤で代用していました。服用することで一時的ではあるものの、しばらくの間は痛みを和らげることができます。

また、少し変わった方法として「正露丸」という黒い錠剤を歯に詰めるという方法もありました。これは、根本的な解決法にはつながらないものの、口コミで広がり実践していた人が多くいたのも事実です。

痛みを感じて、症状が悪化していくと顔や頭などにも痛みが広がっていきますので、できるだけ早い段階で歯科医院を受診することがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯のトラブルでは冷たいものや、熱いものを口にしたときに染みるということがあげられます。こうし…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    日本では、1986年に西日本で活動している歯科医師を中心として歯の美しさや健康を高度な次元で総合的に…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    高齢などの理由で歯が何本か欠損した場合は部分入れ歯やブリッジ、インプラントで補う治療法があります。…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1967年に歯の解剖学という本が金原出版から出ています。1967年という年は、日本専売公社が葉巻たば…

関連リンク

  • 練馬 幼稚園

    練馬の幼稚園をお探しでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。あなたがお子様へ求める物は一体なんでしょうか。それを突き詰めると、礼や挨拶などのシンプルなものでした。

    www.mizuho.ac.jp/

PAGE TOP