1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年の歯痛の定番解決法

虫歯などで歯に痛みを感じるときに定番の解決法として用いられていたのが、「鎮痛剤」の使用です。

この時代は「歯痛」専用の鎮痛剤は存在していなかったので、関節痛やそのほかの病に用いられる鎮痛剤で代用していました。服用することで一時的ではあるものの、しばらくの間は痛みを和らげることができます。

また、少し変わった方法として「正露丸」という黒い錠剤を歯に詰めるという方法もありました。これは、根本的な解決法にはつながらないものの、口コミで広がり実践していた人が多くいたのも事実です。

痛みを感じて、症状が悪化していくと顔や頭などにも痛みが広がっていきますので、できるだけ早い段階で歯科医院を受診することがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1950年代の歯科治療は、戦後に医療法の中に含まれていた分野が1948年に歯科医師法として分かれてか…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1983年の日本歯科医学会学術研究費の助成を得た日本小児歯科学会は、日本における小児の萌出時期に関す…
  3. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    歯の痛みが原因で頭痛がしたことがある方は多いのではないでしょうか。その原因にはさまざまなものが考えら…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP