1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1960年~1969年の歯痛の定番解決法

虫歯などで歯に痛みを感じるときに定番の解決法として用いられていたのが、「鎮痛剤」の使用です。

この時代は「歯痛」専用の鎮痛剤は存在していなかったので、関節痛やそのほかの病に用いられる鎮痛剤で代用していました。服用することで一時的ではあるものの、しばらくの間は痛みを和らげることができます。

また、少し変わった方法として「正露丸」という黒い錠剤を歯に詰めるという方法もありました。これは、根本的な解決法にはつながらないものの、口コミで広がり実践していた人が多くいたのも事実です。

痛みを感じて、症状が悪化していくと顔や頭などにも痛みが広がっていきますので、できるだけ早い段階で歯科医院を受診することがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    夜中などに突然歯が痛くなったらどうしたらよいか困ってしまいます。痛いということは虫歯がエナメ…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年代の歯に関する大きな出来事と言えば、まず第一に市販の歯磨き粉にフッ素が含まれるようになった…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2000年から2009年までの間に、子供を中心に虫歯の数の減少が著しくなっています。その背後…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    災害の遺体確認等の際に歯の特徴や治療の跡を照合することは最近知られてきたことですが、広島大学と神奈川…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年~1979年で歯を苦しめた甘い定番のお菓子といったらどら焼きです。これは世界でも認めら…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1990年~1999年で歯医者を悩ませた歯に悪いドリンクといえば、真っ先に思い浮かぶのが炭酸飲料でし…

関連リンク

  • 練馬 幼稚園

    練馬の幼稚園をお探しでしたらぜひ一度当サイトまでお越しください。あなたがお子様へ求める物は一体なんでしょうか。それを突き詰めると、礼や挨拶などのシンプルなものでした。

    www.mizuho.ac.jp/

PAGE TOP