1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。

1965年に起こった歯のNEWSや世界・日本のニュース

1965年には大塚製薬よりオロナミンCが発売されましたが、含まれている成分には糖分があるため虫歯の原因にもなりやすい指摘があります。

ただ必要な栄養素を補うことができる点でも優れ、その宣伝が開始され、それで多くの方に飲用されるに至ったのも事実です。

砂糖は虫歯菌によって酸を作り出し、それによって歯を溶けさせて最終的には神経まで達すると痛みを生じます。健康ドリンクに糖分を入れる理由には、糖は体力を作り出す基本的なエネルギーが存在するからで、滋養強壮や疲労を回復させたりすることも可能で必要不可欠な成分です。

オロナミンCの普及とともに、子どものみならず大人でも虫歯の数も増えていったのは事実となります。ちょうどタイミングとしては東海道新幹線に「ひかり」が運行し始めた年に発売開始されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    2010年から2018年の時期は、インプラントの普及と技術革新の時代と言えます。2010年頃…
  2. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1960年代に入ると日本は高度経済成長期に突入し、以降は1969年まで60年代を通じて驚異的な経済成…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年は昭和45年なので、第二次ベビーブームの真っただ中です。人口が急増して、高度成長期なので食…

最近の記事

  1. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1970年~1979年の1970年代に活躍した歯科医は少なくはありませんが、その中で紅一点として外す…
  2. 歯のコラムやニュースを掲載中!
    虫歯や知覚過敏で歯医者に通う方も多いようですが、実は家庭にあるものを使って歯医者さんに通う回数を減ら…
  3. 1950~2018年の歯のニュースを掲載しています。
    1987年はバブル前夜といった状況であり、日本人の歯に対する意識にも変化がもたらされた時期でもありま…
SQLSTATE[HY000]: General error: 11 database disk image is malformed
PAGE TOP